旅行業務取扱管理者


不景気不景気…と言いながらも、旅行を計画する人は多いと思います。今は、多種多様な旅行商品が揃っていますから、低予算でも行けて充分に楽しめる旅行はいくらでもありますから。比較的、景気に左右されない旅行会社。

旅行会社へ就職することを希望している方は、結構多いそうです。そういえば、私の友達にも数人いますよ。もちろん、現在も働いています。

旅行業務取扱管理者の資格を持っていると、就職の際、有利に働きます。

旅行業務取扱管理者は、旅行の取引業務に関する全てのこと…企画、計画、取引、そして実施まで…を全面的に管理、監督する重要な資格で、旅行業務を行っている旅行会社等で最低1人は選任されないと営業できないのです。

この資格を取得した方々の就職先は、やはり旅行業務・取引に携わっているところでしょう。

旅行の契約内容の説明や、契約書の交付、ツアーの企画や旅行に関する様々な手配、苦情処理…などを業務としているわけですから、やはり一般的な旅行会社・旅行代理店はその主流ですよね。

また、航空会社などもあります。

旅行業務取扱管理者には、【国内】と【総合】の2種類あり、【国内】は国内旅行のみ、【総合】は国内・海外の両方の旅行の業務を行っている責任者です。

個人的には、総合旅行業務取扱管理者の方が就職先の選択肢はあるのかなぁ…と思うのですが、実際のところはどうなのでしょうね?

でも【総合】の方を取得しておけば、【国内】の資格も得ていることになるわけですから、どうせ取得するのなら【総合】の方が良いのではないかな、と。

また、ちょっとイレギュラー?なのかもしれませんが、その私の友達の1人は旅行業務取扱管理者の資格を持っていて、旅行代理店と契約しています。

出社することはそうないようですが、所属している旅行代理店の代理・・・として、知り合いなどに頼まれて旅行を企画、手配などを行っています。

副業…というのとはまた違うのでしょうが、こういった仕事の仕方もあるのだな、と知りました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

管理人による承認後に公開されます。

HTMLタグは使用できません。