旅行業務取扱管理者 資格内容とは?


旅行業務取扱管理者 資格 内容というのは、旅行業法に定められている、旅行業者や旅行業者代理業者の営業所で取扱う取引の旅行サービスの、確実性や明確性、公正さを確保するために必要な、顧客との旅行取引の責任者のことです。

つまり、旅行商品を取扱う店舗には、各営業所ごとに必ず1名以上、この旅行業務取扱管理者の資格を持っている人がいないと、業務が行えない、ということなのです。

けれど、ただ資格を持っているだけでは意味がなく、所属している旅行会社等から選任されなければなりません。

私の友達(仮にAとします)に、この資格を持っている人がいるのですが、Aは専ら家にいて出社することはないのです。でもAの知り合いの個人で経営している旅行代理店の経営者(仮にBとします)と、いわば「共同」という形で業務に携わっています。

そのBは、資格を持ってはいないのですが、Aが持っているので業務を行える、というわけです。

実は私は全くこの資格について知らなくて、旅行の予約等をAにお願いした時に聞いて、知ったんですよね。

旅行業務取扱管理者 資格は2種類あり、「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」があります。

屋内旅行業務取扱管理者は、国内旅行の業務のみを取扱う営業所に必要で、総合旅行業務取扱管理者は、国内旅行・海外旅行、両方の旅行業務を取扱う営業所に必要なのです。

旅行業務取扱管理者 資格 内容はどういったものかというと、【旅行に関する計画の作成】や【料金の掲示】【適切な利企画旅行の広告の実施】【旅行業務約款の掲示・据置き】【旅行に関する苦情の処理】【契約内容に関する明確な記録・関係書類の保管】などがあります。

旅行会社や旅行代理店を利用したことがある方ならば、お客さんとして携わったことのある内容だと思いますよ。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

管理人による承認後に公開されます。

HTMLタグは使用できません。