旅行業務取扱管理者 資格 取得について


旅行業務取扱管理者とは、簡単に説明すると、旅行会社や旅行代理店など、旅行を商品とした業務に携わってるところには、必ず1名以上選任しなければならない責任者のことです。

この責任者…つまり、旅行業務取扱管理者がいなければ、営業できない、というわけです。

この旅行業務取扱管理者には2種類あり、【国内旅行業務取扱管理者】という国内旅行のみを扱う営業所に必要な責任者と、【総合旅行業務取扱管理者】という国内・海外の両方の旅行を扱い営業所に必要な責任者があります。

どちらも「資格」が必要です。旅行業務取扱管理者の試験は国家試験で、旅行業界で唯一の国家資格です。

この旅行業務取扱管理者 資格 取得しておくと、旅行会社に就職した際、有利に働くことが多いようですよ。

各企業に就職する際にも、例えば簿記資格を持っていたりするとそれだけで即戦力とされかなり有利になりますよね?だから、みんな資格を取ろうとするわけですが、旅行業界でもそれは同じなのです。

旅行業務取扱管理者は、国内・総合共に試験に合格し、所属している会社から管理者として選任されなければなりません。

ただ、試験に合格しただけではダメなんですね。

旅行会社に就職したいため、旅行業務取扱管理者 資格 取得さえしておけば、就職先の旅行会社から選任されるだけ…ということですね。

受験資格は特になく、試験は全てマークシート式なんだとか。国家試験であるものの、合格率は比較的高いのだそうですよ。

旅行業務取扱管理者 資格 取得を希望する方は、専門学校に通う手もありますが、通信講座でも十分に試験対策を学べると思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

管理人による承認後に公開されます。

HTMLタグは使用できません。